スマートライフトップページ > 妊娠・育児 > 妊娠中の症状について

妊娠中の症状について

妊娠中の症状としてあげられるのが、つわりと腰痛です。
つわりの症状は妊娠初期に出ます。つわりの症状があらわれると、多くの方が食べ物を食べることがつらくなります。なかなか食べられず、お腹の赤ちゃんに影響がないかと心配する方もいますが、幸い、この時期は胎児は急激に成長することはないので、栄養素もそれほど必要ではありませんので、無理をせず食べられるものから食べるようにするとよいでしょう。消化の良いものや、さっぱりとしたもの、水分が多いものなどを食べるとよいようです。
食後は吐き気を伴うことも多いので、吐き気がおさまるまで安静にしておくとよいでしょう。つわりは精神的な要素によっても左右されるようですので、気分転換に外へ散歩に出かけたり、仕事や趣味に集中することで、つらいつわりを乗り越えるとよいでしょう。
妊娠末期になるとつらくなる症状は腰痛です。腹部が大きくなって重心が前に傾いてしまうと、姿勢が悪くなり腰痛を引き起こすようです。なるべく意識して背筋を伸ばして姿勢を正しくするようにすることが腰痛を和らげる方法となります。
妊娠中の症状をうまく乗り切って、楽しいマタニティライフを送ることができるとよいですね。
妊婦のつわり対策

関連エントリー
サイトマップ